当前位置:ホーム > 牛首景勝地 > 景色 > 岳飛抗金故塁
岳飛抗金故塁

南宋の建炎4年(1130)4月、金兀術が金の軍隊を率いて建康城へ迫った際、岳飛は牛首山で石積みの砦を構築し、兵を伏せ、金兀术大軍を大敗させました。岳飛抗金故塁は岳飛が牛首山で戦の際に築いた、褐色の石積みで囲まれた塀であり、塀底の幅は0.5m、高さは1.5mで、起伏彎曲しており、高低差も乱れています。

「宋史・岳飛伝」の記載によると、「兀術が建康に赴き、岳飛が牛首山に兵を伏せ待機、夜百人の黒服の兵士を金営の中に隠し、金と戦った。金兵が驚き慌てて、兵士同士で攻撃しあい」と書かれた場所は、牛首山の有名な戦役である牛頭山大勝利という。現在、岳飛抗金故塁には未だに200mの長い石積み遺跡が残っています。岳飛が牛首山の大戦は今から860年前のことです。旧跡が今まで遺存され、若干そのままの完備な部分もあるのが得がたいものだと言えるでしょう。

特別注意:このスポットは、周囲環境は整備・改善が進んでいる中で、一時的に観光客へ開放しないことがあるのをご了承ください!



版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:0