当前位置:ホーム > 牛首景勝地 > 聖境 > 仏頂寺
仏頂寺

牛首山にある寺院は、南朝初め頃に建造し始められました。唐代の貞観時期、寺院は規模が大きく、仏窟寺と名付けられ、禅宗の前の「牛頭禅」の発祥地でした。北宋以降、宏覺寺と名称が変更されました。南宋期、戦争に破壊されてしまい、明代に復興されました。1856年に至り、寺院は洪楊の戦争によって再び破壊されてしまい、線香が百年ほど中断されました。


 

時に恵まれ、伝統的文化を継承するため、江寧区は文化景勝地を再建しました。2012年に山開きに着工し、2015年に竣工しました。文化界における著名人達、仏教界と有名な僧侶に更なる提案を求めて後、牛首山地下宮殿に奉納された仏頭頂舎利に基づき、仏頂寺と名付けられました。

仏頂寺は牛首山の主な建築物の一つであり、敷地面積は68畆(1畆=666.67㎡)近く、建築面積は40畆、唐風を模倣した伝統的な軸線構造となっています。合わせて殿堂は七座あり、外周りには僧竂、斋堂などの建物があります。

三門を入ると目に映るが正面の石彫刻「霊山説法図」であり、釈迦牟尼仏が霊鷲山で説法しているシーンが再現されています。左側にはロイヤルスタイルの三獅碑があり、現在は空白となっていて、これはこれから心ある人に旅行感想文を書かせるために残したものといいます。







版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:12