世界仏禅文化 儒教治道文化 鄭和海洋文化 江南詩文文化 江南生態文化
世界仏禅文化
牛首山は中国の禅宗牛頭宗の発祥地であり、千年来、仏禅文化とその他の文化がここで融合されてきました。濃厚な仏禅の源はその寺塔のために知名度を増し、深い多次元に及ぶ文化はその山水景色に色彩を添えられてきました。
儒教治道文化
東晋、王導は、「こここそは天闕(宮殿)なので、まったく他所で造る必要は無いでしょう」という言葉に表れているように、庶民と国を大切にする仁愛を持っていたので、南唐の帝王は儒教に基づき国を治めて、仏教や道教とも融合し、儒教的治道を尊重したため社会は長期にわたって安定していたといいます。
鄭和海洋文化
鄭和は世界初の大陸間航海士として、28年かけて七回にわたり西洋へ下りました。インド洋を横断して、東南アジア、南アジア、西アジアや東アフリカの30以上の国で足跡を残しています。航海の距離は10万km以上にのぼり、かの有名な海のシルクロードを開きました。
江南詩文文化
山水景色の美しさは古今共通の話題となっています。詩の美しさが山水景色の中から生み出されました。牛首山の詩は数え切れないほど多く、目を通し心が慰めされ、奥ゆかしい感情を育みます。詩的な美の集まる、江南文枢(文化人の集うところ)だと言われています。
江南生態文化
牛首山は地形が復雑で、動植物の生育環境は多様であり、そのため植物の種類が多く、植生タイプも複雑で、通常の地帯植生タイプは落葉広葉樹と常緑広葉混の交林となっています。統計によると、区内には価値ある植物の種類が300に達しているとのことで、それには南京トドマツ、ブルーベリー、ヤブコウジ、杜蘅などが含まれます。
版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:1873