現在位置:ホーム > 牛首山の文化 > 江南詩文文化

江南詩文文化

山水景色の美しさは古今共通の話題となっています。詩の美しさが山水景色の中から生み出されました。牛首山の詩は数え切れないほど多く、目を通し心が慰めされ、奥ゆかしい感情を育みます。詩的な美の集まる、江南文枢(文化人の集うところ)だと言われています。



清明前後、江南で草が生え、鳥が鳴き燕が飛び舞う春めく頃、牛首山には色とりどりの花が満開に咲き乱れます。年に一度の浴仏節は特に賑やかで、善男善女が牛首山に集い、金陵庶民がお城を出て、郊外へピクニックに出かけたり、お寺へ拝謁するなど、昔から「春は牛首山へ」との言葉があります。明代、「牛首山誌」の記載によると、「冬から春にかけ、日が経つとともに観光客が増し、試灯から清明まで、牛(首)山に観光客が来ない日は一日も無し」、更には「金陵には美しい山が多く、牛首山が最もだ」との言葉もあります。牛首山の中でも特に「牛首煙嵐」、「献花清興」、「祖堂振錫」は「金陵四十八景色」に数えられました。


版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:0