現在位置:ホーム > 牛首山の文化 > 江南生態文化

江南生態文化

牛首山は地形が復雑で、動植物の生育環境は多様であり、そのため植物の種類が多く、植生タイプも複雑で、通常の地帯植生タイプは落葉広葉樹と常緑広葉混の交林となっています。統計によると、区内には価値ある植物の種類が300に達しているとのことで、それには南京トドマツ、ブルーベリー、ヤブコウジ、杜蘅などが含まれます。中でも南京トドマツは極めて珍しい古樹の品種で、現在南京に残されているものは少なくまっています。牛首山は祖堂山路の果てに「南京トドマツ」の群生林が大面積にわたって存在し、100株以上のトドマツブロックを形成しており、南京における最大規模のトドマツ遺伝子ライブラリと言えます。また牛首山は中国初の中華虎アゲハ蝶の保護地区でもあります。

 

虎アゲハ蝶

南京紫金山、牛首山などに分布する中華虎アゲハ蝶は、虎アゲハ蝶の指名亜種であり、オオカンアオイを食としています。2000年に国家林業局が発表した1600種類以上の「三有の動物」の一つとして(つまり、有益、或いは経済的に重要な価値が有り、科学研究対象としての価値を有する陸生の野生動物として)評価されました。

982年、牛首山において、南京で初となる虎アゲハ蝶が見つかりました。2005年、牛首山の東峰麓で、国内初の中華虎アゲハ蝶保護地区が設定されました。

 

 

天闕茶

牛首山は植物の資源が豊富で、昔から松、竹、お茶、蘭が豊富に産出されてきました。そのお茶は香り・色も上品質であるため、天闕茶と名付けられました。天闕茶は芽が細くて、甘味が濃く、色は澄み切っており、緑茶の中でも逸品だと言われる有名なお茶となっています。また蘭は、一莖に花が十数輪(蕙兰)もあり、葉は少ないが広く、色が緑で、香りが芳しいものです。その桃やスモモの花も、あたかも雲や霞のように盛んに咲きみだれ、坂に咲くツツジや椿も含めて、その景色は人の心をとらえます。

 

 

南京トドマツ

観光地内には価値ある植物が300種類以上生育しています。その中には、貴重な南京トドマツ、ブルーベリー、ヤブコウジ、杜蘅などが含まれています。例えば南京トドマツは極めて貴重で珍しい古樹の品種となっており、現在南京に残されているものは少なくて、大規模な南京トドマツの群生林は更に珍しいものとなっています。牛首山は祖堂山路の果てに「南京トドマツ」の大規模な群生林が発見され、現在100株以上のトドマツを観察することが可能となっており、ここは南京において最大規模のトドマツ遺伝子ライブラリと言えます。



版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:1837