現在位置:ホーム > 牛首山の文化 > 鄭和海洋文化

鄭和海洋文化

鄭和は世界初の大陸間航海士として、28年かけて七回にわたり西洋へ下りました。インド洋を横断して、東南アジア、南アジア、西アジアや東アフリカの30以上の国で足跡を残しています。航海の距離は10万km以上にのぼり、かの有名な海のシルクロードを開きました。鄭和は中国の航海史と世界の航海史の発展、中国古代航海技術の改善、中国の海外との経済貿易連絡の促進、及び友好交流の強化において、消えることのない歴史的な功績を残しました。
鄭和は敬虔な仏教弟子でもありました。永楽元年、姚道衍和尚は馬和を菩薩戒律の弟子と決め、福吉祥という法名を与えました。彼は多くのお寺を修復し、喜捨し、経文を刻み、美徳を積み、善きことを行い、西洋へ下った際には、仏教の国に到着する度に寺院へ財物を喜捨しました。永楽10年、鄭和は南京監工官に赴任し、帝王より命令を受けて南京大報恩寺の建造を監督しました。宣徳8年4月、鄭和がインド西海岸の古里で亡くなると、南京牛首山に葬られました。鄭和の事績は儒教文化と仏教文化の融合の典型的な例となっています。





版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:0