当前位置:ホーム > 牛首景勝地 > 聖境 > 牛頭禅文化園
牛頭禅文化園

牛頭禅文化園は宏覚寺遺跡の上に建造されています。宏覚寺は牛頭宗の発祥地で、最初は南朝の梁武帝の天監2年(503年)に造られ、元名を佛窟寺、または弘覚寺とも称されました。清代、乾隆帝の弘暦の名前を避けるために宏覚寺と変名されました。日中戦争の時、宏覚寺は日本軍に焼却されました。


牛頭禅文化園の中心となる観光スポットは弘覚寺塔で、塔の高さは45m、七階ハ面で南京地域において最も古い木造を模した煉瓦積みの塔です。1956年、弘覚寺塔の地下宮殿の中から出土した鎏金ラマ塔は南京博物院の宝の一つとなりましたが、塔の高さは0.35m、须弥座の高さは0.16m、塔の底には「金陵牛首山弘覚禅寺永充供養」と「佛弟子御用監太監李福善奉施」の題記が刻まれていました。同時に出土したのは玉の瓶、金の横伏し仏像、靑磁の缶などの文化財で、全ては南京博物院に収蔵されています。その後、南京市文物保管委員会から人が派遣され、煉瓦積みの塔塀にあった題記をさらに調査したところ、70以上の題記文が明代、清代の2時代の観光客により書かれたことを発見しました。1957年、弘覚寺塔は江蘇省文物保護単位と評価されました。
特別注意:このスポットは、周囲環境は整備・改善が進んでいる中で、一時的に観光客へ開放しないことがあるのをご了承ください!


版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1
日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:1872