当前位置:ホーム > 牛首山遊覧 > 観光方式 > 自家用車 > 牛首山の自家用車によるコース
牛首山の自家用車によるコース

江蘇省内――牛首山


行程

江蘇省各地から出発して南京へ。


日数

1-2日間


観光スポット

無錫鼋頭渚(常州恐竜園、鎮江西津渡)、或いは揚州痩西湖。翌日、牛首山文化観光地を遊覧できます。


特色

週末二日休みの観光に適し、距離は長くても車や人間が疲れないよう、観光資源も充実していて、山水の趣が感じられ、また仏禪文化の趣も見学できます。


経路

蘇州、無錫、常州方面から京沪高速(G2)-沪蓉高速(G42)-常合高速S38 -機場(空港)高速-寧丹大道-牛首山文化観光地。鎮江、揚州方面から寧揚高速(G40)-揚溧高速(G4011) -沪蓉高速(G42)-環城高速 - 鉄心橋立交 - 寧丹大道 - 牛首山文化観光地。南通、泰州方面から沪陕高速G40 -沪蓉高速(G42)- 環城高速 - 寧丹大道-牛首山文化観光地。徐州、宿迁方面から徐淮高速(G2513)-新揚高速(S49)-長深高速(G25)-南京二橋 -環城高速 -寧丹大道 -牛首山文化観光地。


攻略

蘇州、無錫、常州沿線の観光客は南京へ行く場合、牛首山を遊覧する前に無錫、常州、及び鎮江の観光スポット、例えば鼋頭渚、常州恐竜園、西津渡を訪れることもできます。南通、泰州沿線から南京へ行く観光客は牛首山の前に、揚洲、及び鎮江の観光スポット、例えば痩西湖、西津渡を訪れてみてはいかがでしょうか。観光客は初日、無錫、常州、揚洲、或いは鎮江で宿泊して、翌日は牛首山文化観光地での遊覧ができます。

牛首山は天闕山とも言われ、金陵四大名勝地の一つです。山頂の南と北の双峰が牛頭の双角のようにそびえていることから、この名が付けられました。牛首山を訪れれば南京史の半分がわかります。牛首山は風光明媚で、古くから「春は牛首山へ」との言葉があり、昔から牛首煙嵐、献花清興、祖堂振錫などの金陵美しい景色が有名です。また多くの歴史的な古跡が残っています。例えば、岳飛抗金故塁、摩崖石彫刻、弘覺寺塔、鄭和文化園などがあげられるでしょう。数え切れないほどの帝王将相、文学人を惹きつけきて、皆ここで修身、また茶を飲みながら詩文を作ったりして、今ではここで作られた有名な詩文作品が400以上も存在します。

2010年、現存する唯一の仏教界におけるお釈迦様至高の聖物(神聖なもの)、釈迦牟尼の仏頭頂舎利が南京にて盛大に再現されました。2015年10月27日、これから長きに渡って奉納されるべく、仏頭頂舎利が正式に牛首山仏頂宮へと迎えられました。牛首山文化観光地は「天闕(宮殿)修繕、地下宮殿隠し、聖道補修、双塔再現、仏寺振興、文化発揚」を趣旨として、仏禅文化、金陵文化、生態景観を一度に楽しめる、一体化された生態観光地、文化的聖地、レジャー景勝地造りに力を入れて造られ、また牛首山歴史文化遺跡全体を保護し、牛首山自然生態景観を修復するうえで、長期にわたって仏頭頂舎利を奉納できる地下宮殿が、在来鉱坑を利用して建造されました。牛首山文化観光地は「天闕(宮殿)修繕、地下宮殿隠し、聖道補修、双塔再現、仏寺振興、文化発揚」を趣旨として、弘覺寺塔などの歴史文化遺跡を全面的に保護すること、牛首山の自然生態の景観を修復することを踏まえた上で、「世界仏教文化新遺産を創り出し、現代の建築・芸術の新景観を再現する」ことを目指し、「生態・文化・レジャー」の三つの景勝地創りに力を入れた、仏頂宮、仏頂塔、仏頂寺を中心とした第一期文化プロジェクトとして建設されました。

仏頂宮は仏頭頂舎利を奉納することを趣旨として、牛首山で天然鉱坑を利用した仏頂宮の建造を行い、また舎利文化、世界仏禅文化、及び各種文化芸術を集中的に展示しており、その規模の壮大さ、建築の特異さ、工芸の精巧さと美しさは、世界仏教文化、建築、芸術における奇観とも言えるでしょう。仏頂宮は明代の弘覺寺塔と向かい合い、唐風の古韻をしっかりと残している仏頂塔とともに、「天闕修繕、双塔再現」という設計コンセプトのもと、歴史的な牛首山の壮大で格調ある双峰双塔が再現されています。山沿いに建造された仏頂寺は舎利保護僧団の弘法道場として、唐風の建築様式を継承しており、唐風古韻が表現されています。



版权所有:南京天闕文化発展有限公司 蘇ICP備15024412号-1

苏公网安备 32011502010982号


日当たり最大積載量:4万人あたり  日当たり最大積載量警戒値:3.2万人あたり   にこり最大積載量:0.8万人あたり  にこり最大積載量警戒値:0.64万人あたり
リアルタイム人数:711